もうすぐリゾバでここに赴任してから一ヶ月。あっという間だった!

ここの職場の良いところは、定期的にメンテナンスのために休館日があって、観光に行けること。私は一人旅を楽しんでいるけれど、若い子たちなら、社員さんも、バイトもみんなで旅行できるよね。

まぁ、物事には裏表があって、私はお金よりも時間って思っていて、リゾバなのに、月に150時間くらいしか働かない今の職場は丁度良いのだけど、稼ぎたい人は困るんだろうな。まだ最初のお給料の貰ってないから、社保代がわからないけど、手取りなんて11~12万円くらいかな。

東京に居た頃と比べたら、家賃や光熱費で4万、食費やら消耗品やらで3万、7万円は浮いているけど、収入もその分安い。東京のコールセンターで手取り20万働くのは簡単だもんな。

職場までは徒歩3分、毎日2食は無料でご飯が食べられて、寮の部屋から外を見れば新緑の美しい山々。こっちのほうが随分幸せな気もするけれど、三か月の期限付きだからの楽園かとも思う。

一番嫌なのは、女子寮。以前に女子専用階のシェアハウスで感じた嫌悪感がやっぱり漂う。共用の洗濯・乾燥機。夜中もガンガン回っていて、部屋が近いのですごくうるさくて熟睡できない。ゴミ取りネットはヘドロのようにドロドロ。数台のうち2台だけ掃除したけど、みんな気持ち悪くないのかな。

廊下に私物は置かないようにってなってるけど、傘とか、ゴミ箱とか、ガンガンおいているし、廊下の敷物はカビだらけ。大浴場もかび臭いし床もカビなのか、洗っても黒い汚れが残っている。

与えられた部屋も、大浴場が休みの日にユニットバスに入ったら、水が流れなくて、ユニットバスの中がプチ洪水。排水溝を確認したら、カツラが作れるくらいの髪の毛がごっそり出てきた。奥のほうはヘドロなのか、大便を思わせるような色と匂いのものが髪の毛についている。もう気持ち悪くて気持ち悪くて、ビニール袋を三重くらいにして捨てた。

勤務時間がそれぞれで、23時頃に終わる人も多いので仕方がないけど、深夜なのに、話し声とか洗濯機とかうるさい。夜中の2時頃に洗濯する人もいる。何故か洗濯部屋の入口のドアは開けたら閉めない。朝は6時から仕事の人も多いので、5時くらいから生活音がする。あとはこの部屋のトイレなのかな、パッキンが壊れてるのか、四六時中ピチャピチャ水の音がする。

突発性難聴のせいで、難聴のくせしてうるさいのに敏感になんだよね。内耳の障害って、騒音が耳鳴りで聞こえてくるから、健常時よりもすんごくうるさいの。

今まで行った三か所は客室寮だったり、洗濯機が遠かったり、夜中は騒がない場所だったから、困惑。もしも次があるなら、洗濯室からは遠い部屋でお願いしなくては!!

てなわけで、褒めればいくらでも褒められるけど、文句もいくらでも言える。それは田舎の一軒家でも一緒。何が気にならなくて、何が我慢できないのかは人によって違う。私は洗濯機や乾燥機、掃除機やドライヤーの騒音が大っ嫌いってことに気が付いた。

まぁ、あと二ヶ月。楽しく暮らしたいな。