コロナ 罹患~2日目

コロナ、正直舐めてた。私は高熱にも痛みにも強いほうだから、きっとかかっても大したことないんだろうなと思ってた。

実際、私は軽いほうで、回復も早かったとは思うのだけど、今まで経験したことないような悪寒、喉の痛み、経験したことないってほどじゃないけど、倦怠感、そして今も続く咳。

かなりしんどくて、孤独死したくないなとか、そんな事も考えた。

せっかくなので、回復までの経過を振り返ってみたい。

まず、発症前日。ここで今まで感じたことのない悪寒があった。職場が寒いところだから、本当に寒いってのはあったと思うのだけど、使い捨てカイロ4枚くらい貼って、足にも貼って、いつもより3枚くらいインナーも多くして防寒してのに寒い。声出しても歩いても暖かくならない。

出勤前から寒かったのだけど、熱もないし、言うの面倒だし、我慢して働いたけど、トラウマになるほど寒かった。でも、何故かパフォーマンスはバイト生活トップのできの良さだった。全然失敗しないの。いろんなものが良く見えていたし…。

そして、翌日は休日。熱を測ってみると、37.5℃。前回書いたように職場に電話して病院行くことを伝えて、近くの内科に電話してから行ってみると、抗原検査でその場で陽性判定。感染したのは3日前くらいでしょうってことで、前日は体の中はもうコロナに侵されていて、あんなに寒かったんだろうな。仕事休んで寝てたら発熱してたのかも知れない。

その日は38.0℃まで熱がでて、声が物まねの人が力士の真似をしているような、ほぼ息って感じのかすれた小さな声しかでない。

喉が尋常じゃなく痛くて、つばを呑むのも辛い。春雨とかグラノーラとかプロティンとか非常食はあるのだけど、食べられる気がしない。

でも水分は大事だよなとムリムリ水道水は1.5ℓくらい飲んだと思う。ロキソニン飲むとちょっとだけ喉の痛みや頭痛、関節痛が楽になった気がする。そのまま倒れるように就寝。このころは咳はほとんどなかったので、けっこうよく寝られた。

翌日は、前の日以上に身体がだるいし喉も痛い。それでもお腹はへってきたので、ウーバーイーツとか出前館を見てみるけど、食べたいものがない。ネットスーパーも見てみたけど、このアパート、置き配ができなくて、対面で受け取らないといけない。いや、迷惑過ぎる客だろう。配達員さんに悪すぎる。

あとでゆっくり調べたら、置き配してくれたとこもあったみたいだけど、やっぱ調子悪かったのかな。無理だぁと早々に諦めた。

で、自治体の配食サービスに申し込むことにする。まずは陽性者登録センターに登録が必要とのことで、必要事項入力して、写真もとって送信。

こういう作業が地味に辛くて、一つアクションしては少し寝て、また続きをして…とゆっくりゆっくり操作。朝早くに申請したから空いていたのか、2時間後くらいに登録完了のメールが来た。早い、嬉しい。さっそく配食とパルスオキシメーターを申し込む。

マイハーシス入力の案内もきたので、わかるところだけ入力して送信。夜には保健師さんか看護師さんから電話がかかってきて、不明にしていた項目とか顔色とか爪の色とかを確認してくれる。

ここで初めて気が付いたのだけど、顔が老婆のようになっていた!!脱水なのか、シワシワシワシワ。顔色が青いというか、黒い。唇は紫でカサカサ。爪も白い。

えー!!なんじゃこりゃ!いつの間にこんなに老け込んだ!?

なんか、そんなところにショックを受ける。電話で15分以上も話してもらって、ひとりじゃないって~♪素敵なことね~♪と癒される。電話の間中、尋常じゃない寒さに苦しんでいたのだけど、熱は38.9℃まで上がってそこがピーク、顔のひどさもたぶん、ここがピークだったと思う。

息苦しさが酷かったら救急車も視野に入れるように言われたけれど、幸い私はそこから回復に向かっていく。

なんだか長くなっちゃったので、続きはまた今度

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コロナ

前の記事

仕事すら出来ない
コロナ

次の記事

コロナ療養3・4日目