遅刻、遅刻、遅刻!

うわー、どうしちゃったんだろう。学生時代は遅刻魔だったけど、会社員として働くようになってから遅刻したことなんて、ほとんどないのに、ここ数日の間に三回も遅刻してしまった😥

最初は4月からの仕事先。何度も行っている場所で、家を出たのも問題なかったのに、電車を乗り過ごして遅刻してしまった。休日の午後から働くってのは、めったになくて、いつも使っている京浜急行が休日の昼間は最寄り駅には止まらないから、山手線で途中まで行って、乗りかえないといけないのだけど、乗りかえの一つ手前の駅で気になるラインの通知を見て、びっくりして検索とかしてたら、かなり乗り越していて、慌てて戻ったけど、間に合わなかった。

冷静に考えたら、そこで降りずに、もうちょっと先まで行って、埼京線使ったほうが早かった。もしかしたら間に合ったかもしれない。降りてすぐにそう思ったけど、すぐに電車のドアが閉まって、戻れなかった。

次は夜勤の仕事、この前、意外と眠くなかったとか書いたけれど、やっぱ、眠気は溜まっていたようで、11時くらいに目覚ましかけずに寝て、気が付いたら21時だった!時間みたとたんに飛び起きて、連絡入れて、急いで向かったけれど、距離が長くて電車で時間がかかるのはどうしようもない。さらに職場の最寄り駅から職場まで10分もかからないはずが、慌てて道に迷って30分近くかかってしまった。

最後は(本当に最後にしたい)治療院。いつもはJRを使っていて、駅から徒歩20分くらいなんだけど、夜勤の職場からだと私鉄を使うと、治療院から5分くらいのところの駅で降りられる。急行もあったけど、早くつきすぎても良くないし…と鈍行で向かう。10分前には駅についた。けど、そこからマップをみているのに迷って、結果遅刻。まぁ先生の準備ができていなくて、遅くなってすみませんと言われて、いえいえ私も遅刻しちゃったんですと、お互いによかったねーみたいになったけど、三連発はショック。

やだなぁ。どうしちゃったんだろう。最初の遅刻なんて、新しい環境になる前の話なのに。

いやいや、私はこういう人だった。一つヘマすると、ドミノのように、どんどんヘマを重ねてしまうのだ。これもなんかの特性なのかも知れないけど、病気だったとしても、自分でなんとかするしかない。幸い、私は普段はけっこうしっかりしている。ちょっと失敗しても、開き直って、深呼吸して、平常心になれたら、けっこう能力はあると思う。…思うけど、パニックになってしまうのも、承知。これだけ生きてきて、いまさら自分を変えるのは難儀だよな。

さすがに、これだけ繰り返したら、しばらくは忘れない。今日は日勤の日で、目覚ましを2か所にかけた。そして、目覚まし鳴る前に起きた。これはこれで、熟睡してないようで問題だけどね。

さてと、今後は少し遅くなったとしても、きちんと行き先を確認して、理解できてから歩くようにしようっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です