先日、せっかく採用されたけど、タイミングが悪くて断った派遣の仕事、人数が集まり切れなかったのか、研修の日を追加してもらえたとのことで、8月の1ヶ月間、働くことができるようになった😀

待遇は悪いけどやりたかった仕事は面接をキャンセルした。名前を言ったらずぐに話が通ったので、応募者は少なかったのかも知れない。採用率高めだったかもな。残念だけど、縁があったら、いつかできるでしょうって感じかな。

今は採用されてウキウキしてるけど、たぶん、暇なら暇で、忙しければ忙しく、なんでもかんでも私は仕事のアラをみつけて、すぐにイヤになると思う。でも、まぁ一ヶ月の短期だからね。なんとかなるでしょう。

思えば22歳で最初に就職した会社だって、入社して2年目くらいまでのペーペーだった頃は、成長する自分が嬉しくて、ずっとこの会社で頑張ろうとウキウキしていたものの、4年くらいすると嫌になっていた。

コンピュータのモニタをみやすくするために、日中にブラインドを下げて電気つけてることや、夏なのに、寒すぎる部屋(サーバー室の近くで作業していたから、冷房が強いってレベルではなく、冷蔵庫の中って感じの寒さ)で、ひざ掛けをかけて過ごしていることにいら立ちを感じて、もっとエコな暮らしをしたいと思っていた。でも、いざ田舎に行ったら、農業しようと動こうともしなかったし、全然エコではない暮らしをしていた。

そう、たぶんこれは私の悪い特性で、なんでも最初は楽しいけれど、すぐにイヤになってしまう。イヤになったらやめるための理由探し。一番簡単なのは、同僚がイヤって思う事。それが難しかったら、家庭の事情。そんな理由なら退職しようとする力が湧く。 本当は、自分の伸びしろがないことが一番の理由なのにね。私は自分が思っているよりも能力のない、困ったサンなんだよな。

さて、一ヶ月だけの超短期だし、夜勤だけの仕事も一度はやってみたかったし、頑張るぞー!!とウキウキしていたら、なんと8月いっぱいで辞めようと思っている会社と最後?のトラブル発生。辞めたいってお願いしていたことが、シフトにまったく反映されてなかった。電話をバイトが受けて、処理し忘れたのかも知れないけど、聞いたことをちゃんと処理できないのなら、留守番電話のほうがまし。

証拠のこるようにメールすればよかったのかも知れないけど、今まで何かを報告する以外の相談や要望のメールは100%スルーされて、隠ぺいなのか、そんなに受け取ってないとか言われるし…。

あー、やってらんない。イライラするなぁ。今も、明日、休んでも大丈夫なのかなと不安で仕方がないけれど、付き合ってられないもんね。会社の不手際を日雇いのバイト(社保に入れてもらってはいるけど、扱いは日雇い)がフォローしなきゃいけないってのは、おかしいよね。

仕事斡旋してもらってるんだから、真面目に働いてWinWinって思ってたけど、どうやらこの斡旋会社での仕事をするコツは、シフトや就業場所は我儘を言い、就業中は怠けられる限り怠け、会社に不手際があっても自分のせいではない、一緒に働いているメンバーが困っても気にしないってことが大事かも。他人が行きたがらない場所に行っても、怠けずに真面目に働いても、急に休むことになった人の代わりに無理して出勤しても、何にも優遇されない。社保に入ってる分優遇なのかも知れないけど、社保に入っている人はたくさんいるし…。

それは去年からわかっていて、その都度イライラしてたのだけど、斡旋元の営業所の社員さんの対応やシフトの管理が、今の営業所ほどひどくはなかったから、うっかり、すぐに忘れてしまっていた。ある意味、引導を渡してくれてありがとうって感じかな。

さて、今月最後の仕事、頑張ってくるか。