図書館もいろいろ

今住んでいるところの近くの図書館は、健康に関する図書が多い。それも、西洋医学では治せないという系統のものが多くて、でも、とんでも医学でもなく、お医者さんが西洋医学の弱点を研究して、独自の治療法を開発した、というものが多い。そしてほとんどの治療が自分でもお金もかけずに簡単にできる。

職場の近くの図書館は、健康についてのコーナーはダイエットものが多い。めまいや難聴については、名医と言われるお医者さんが監修した病気の説明や薬などの紹介が多い。こんな症状なら何かにかかれば良いというのもけっこうある。

これって、住んでいる地域では、病院では治らないような病気の人が多いってことなのかな。私の突発性難聴もそうだよね。なんとか耳が聞こえるようにならないかなと図書館に行ったら、関連したほうが沢山あってびっくり!職場の近くには全然なし。

うーん、場所が病気を呼び込むってことはあるのかもなぁ。でも、そのおかげで耳に限らず、全身が健康になるのなら、それは良いことのようにも思うから、ここに住んでいることは悪くはないとも思う。まぁ、とはいっても、やっぱ雨の日や寒い日に銭湯に通うのは面倒なので、ずーっと風呂なしアパートに住むのはしんどいと思ってるんだけどね。

あー、もう出勤しなくちゃ!なんか、転職して逆に忙しいなぁ。来月は仕事をセーブして、ゆったり暮らしたいな。