昨日の在宅勤務は、けっこう衝撃なできごとがあった。うへぇ、まじ?ってパソコンの前で嘆いてしまった。まぁ、もしかしたら良いことなのかもしれないのだけど…。これについては、これ以上かけない。

趣味的なお勉強としては、ビデオデッキをモニタに繋げる方法について。

先日、オリンピックを録画したくて、子どもの部屋で使うブルーレイのビデオレコーダーを買って、それまで使っていたDVDビデオレコーダーをシェアハウスに持ってきた。ノートパソコンはHDMIの出力の端子しかなくて、入力はできない。TVは中古で安く売ってるけど、処分するにもお金がかかる。お金がかかるだけでなくて、面倒くさい。

思い起こすと、昔はこのビデオはアナログTVに繋げていた。というのも、当時、地デジに移行されてしまったものの、TVは健在だったし、どうせ買うなら、そこそこ大きなTVが欲しかったから、TV購入はしばらくペンディングにしたくて、とりあえず地デジ対応のビデオを買って間に合わせた。それまではVHSのビデオを使っていて、DVDが欲しかったってこともある。

そして田舎の家には在宅勤務をしていた時につかっていた、アナログのディスプレイがある。これって、繋がるんじゃないの?と思う。でも、ディスプレイには赤と黄色と白の端子なんてついてない。どうやったらつなげるのかなとググってみたら、変換アダプタがあればなんとかなるみたい。

他にも、ビデオキャプチャを使うことで、ノートパソコンのUSBから、映像を入力することもできるらしい。これだとディスプレイを運ぶ必要はないけれど、けっこう値段が高い。安いのもあるけど、値段なりらしくて、そこそこ信頼できるメーカーのものだと1万円以上する。それならデジタルのモニタを買ったほうが得な気がする。

せっかくディスプレイあるし、運ぶのは大変だけど、昔海外旅行に行くときに買った大きなリュックに入れてみたら楽々入ったので、持って行くことにする。

買ったのは、HDMI-VGA(D-SUB)変換アダプタ ってやつ。ビデオからディスプレイへの片方向の変換で、反対向きへの変換はできない。別に必要がないから、それは問題なし。値段は1000円くらい。HDMIのケーブルもいるから、+330円。ダイソーで買う予定。NHKの受信料も払わないといけないのかな。単身赴任だと半額だっけ。

実際に使えるかどうかは設置してみてのお楽しみ。ワクワク。