ポジティブ思考で頑張る

シェアハウスは相変わらず、自分勝手な人のせいで不快な毎日。

今朝はトイレで用を足して、トイレットペーパーを使おうとしたら芯だけだった。予備もおいていない😢 人の気配がなかったので、ウォシュレットできれいにして、少し時間をおいて、そっと個室を移動して、トイレットペーパーを使った💦そこの個室にも予備はおいていない。

確認したら、他の個室も1つは「芯だけ&予備なし」。2か所に新しいペーパー設定して、三か所に予備のペーパーを補充して、私は管理のおばさんかよ!アルバイト報酬欲しいくらいだわ!とイライラしたものの

これって、私の得になってるのかも。情けは人の為ならずっていうでしょ。自分はしばらくトイレは使わないし、ペーパーのある個室はわかってるから、何もしなくても困らないけど、知らないで入った人が困らないように、親切で付けてあげる。うーん、なんだか気持ちが良い行いじゃないか。

私は洗面所で水をバシャバシャ飛ばしたりしないように、しとやかに手や顔を洗っているから、使った後はほとんど汚れないのだけど、石鹸なのか白く濁ったドロドロの水で汚したり、ティッシュケースが濡れてべしょべしょになっていたり、髪の毛が付いていたりの洗面台をきれいに拭いてあげる。次に入った人は汚しても自動できれいになると思っているのか、汚す一方だったとしても、その人はバチがあたりそうだし、私は日ごろの行いが良いと幸運がやってきそうだ。

そう考えたら、こんな風に、人の為に良いことをしてあげられるっていう環境も、なかなか得難いものかも知れない。毎回きれいにするのに、毎回汚いなんて、普通の家じゃ考えられない。子どもたちが独立して一軒家でひとり暮らしをしていた時も、たまに掃除機かけるだけで、いつもかたずいている状態に感動したものだけど、まだ私も50代まんだし、こうやってイライラしながら若い子の世話を焼いてやるのも悪くない気がしてきた。

よし、これでこの階の人の幸運を吸い取って、私が幸せになってしんぜよう。ウフフ、汚いままにしてくれてありがとうね。そんなあなたは、そのうちにきっと痛い目にあうからね。

そんな内心は意地悪ばあさんなのに、表面は良いおばさんの行いで、シェアハウス生活を楽しもうっと。