コロナのワクチン接種

いよいよ高齢者の予約が開始したところも出てきて、身近な話題になってきましたね。

八王子は約2000人分の予約がネットは20分、電話は1時間半で終了してしまったとか。
開始前から、市のホームページで先着順って知って、チケットピアか?って思ってたけど、ほんとうにそんな感じだったみたい。

電話は1人のオペレーターが90分で10人くらいこなせたとして、100人規模で受電してたのかな。市はオペレーターに2000円くらいの単価は出してるだろうから(途中でいくつかの会社がマージンとる)、1時間で20万円かぁ。電話予約は自動音声だけの練馬区に賛成。こんなことに税金使われるのは、なんだかなぁ・・・。

コロナのワクチンはメッセンジャーRNAって新時代のワクチンみたいで、マーズやサーズ、癌のワクチンとして研究されてきた経緯があるものらしいから、インフルエンザのような不活性化ワクチンとは比べ物にならないほどの免疫ができるのかもしれないけど

それでも、ワクチンさえ摂取したら、解決!ってのは、違うんだと思う。

まぁ、5月の半ばくらいになったら、湿度も高くなってくるし、日照時間も長いから、いったん落ち着くとは思うんだけど、それをワクチンのおかげと勘違いして、無策でいたら、またリバウンド話になってしまうと思う。

なんて、ネガティブなことばっかり言ってても仕方がない。ワクチンが思いのほかよく効いて、マスク無し、宴会し放題の生活に戻れるならば、それはとてもありがたい。

それでも、ダメだった時のことも考えないといけないと思う。

言っても死ぬだけって、気にしないで生きる方法だってある。死ぬときは家でTV見てたって死ぬんだもん。コロナに死んでもそれも運命ってね。

 

日記

Posted by admin