失業給付、60日延長

先日、職業相談でハローワークに行くと、新型コロナの対策として、失業給付の60日延長のリーフレットを貰った。

~~ 以下、リーフレットを引用 ~~~

(1)雇用保険の受給資格者のうち、①~③のいずれかに該当する方が給付日数60日(ただし、30歳以上45歳未満で所定給付日数270日、45歳以上60歳未満で所定給付日数330日の人は30日)の延長特例の対象となります。

以下の人で、2020年6月12日(法施行日)以後に基本手当の所定給付日数を受け終わる人が対象となります。
①緊急事態宣言発令以前に離職した人(離職日が令和2年4月7日以前)
〇離職理由を問わない全受給者が延長対象候補者となります。
②緊急事態宣言発令中に離職した人(離職日が令和2年4月8日~5月25日)
〇特定受給資格者、特定理由離職者(雇止め)
離職理由コード:11.12.21.22.23.31.32
〇特定理由離職者(転移・結婚) 離職理由コード:33
③緊急事態宣言発令後に離職した人(離職日が令和2年5月26日)
〇特定受給資格者、特定理由離職者(雇止め)
離職理由コード:11.12.21.22.23.31.32のうち、新型コロナウイルス感染症の影響により解雇又は雇止めとなった者

(2)延長特定対象者のうち、積極的に求職活動を行っているにもかかわらず、支給終了日までに就職につく見込みがなく、かつ就業のついての援助が必要と安定所長が認めた方

(3)次に該当する方は個別延長給付の特例対象となりません。
①個別延長給付特例の施工日前日(令和2年6月11日)までに支給終了(または受給期間満了日)となる者
②所定の求職活動がないことで失業認定日に不認定処分を受けたことがある場合
③やむを得ない理由がなく、失業認定日に来所しなかったことにより不認定処分を受けたことがある場合
④正当な理由なく、公共職業安定所の紹介する職業に就くこと、指示された公共職業訓練を受けること、再就職を促進するために必要な職業指導を拒んだことがある場合等
⑤次の就職が内定している者
⑥障碍者等の就職困難者(はじめから給付日数が多くなっているため)

~~~~~~~~

へぇ、ばっちり対象者だ、私! 90日と150日の違いは大きい。

自分なりに今年の就業については計画していたのが、コロナの影響ですっかりダメになったのは本当だから、恩恵にあやかっても良いのだろうけど、

若くて(?)健康で、訓練校で取得した特技や資格もあるのに、希望の仕事がないからと5か月の失業給付を貰ってのんびりするのは、何か違う。

10月からは、自己都合で退職した人は、給付制限が3か月から2か月に短縮される…ってのを、うらやましく思っていたけど、それくらいの恩恵で十分な気がする。

なんて、客観的にはきれいごとを言ってるけど、このリーフレットを見て、今検討中のリゾートバイトはキャンセルになれば良いな…なんて、思ってしまった。本心は60日分、欲しい。約30万だもん。

リゾバは決まったら書こうと思ってたんだけど、もう返事を2週間も待たされていて、嫌になっている。3月のバイトは一か月以上決まらず、一か月間の予定が3日しか働けず…。5月のバイトは決定はわりと早かったけど、どんどん状況が変わって、結果、就労できなくなった。だから、このコロナ禍で2週間はまだまだ早いくらいないのかもしれないけど、気になることがあると、そればっかり考えてしまう私にとっては、かなりの苦痛。

60日分、余分に欲しい。でも、働かざる者食うべからずと思っているのも本心。このバイトの行方がどっちに転がっても、喜ぶこととしよう😀