ついつい物を買ってしまう

ここのところすっと、生産的なことは何もせずに、だらだらと退屈に日々を過ごしている。掃除をしたり、手芸をしたら良いんだけど…と理性ではわかるけど、目に見える範囲はそこそこきれいだし、壁紙を補修するにもお金かかるし、かなり前に子どもに求められて買った手芸キットも、今となっては幼すぎるし。ま、いっか…と後回し。

TVをみたりパソコンを見たり。そのうちに、そうだあれも買っておかなくちゃ、これも買っておかなくちゃと、購買意欲がムクムクと発生してしまう。仕事してないし、子どもの学費払って、貯金もほとんど消えてしまったし、買い物してる場合じゃないのに、おとといは1万円ちょっと、昨日は7300円、ネットで買い物をしてしまった。

サプリとかプロテインとか…。今、すぐに必要って訳ではないのだけど、もしかしたら外国からの荷物が来なくなってしまうかも…と慌てて…。いや、それは言い訳で、何かで欲求を満たしたいんだよね。買い物は簡単で楽しい。仕事したみたいな錯覚も覚える。

たいして困ってないのに、朝から行列して、買占めするお年寄りの気持ち、わかるような気がする。私は並ぶのが超苦手だから、誰かに頼まれたり、お金になったりしなければやらないけど、苦痛だからこそ達成感があるのかも知れない。

使うなら、働いて稼げばよいのだけど、こんなご時世だしね。って、これも言い訳。とりあえずバイトでもなんでもやればよいのだけど、まだ長期では地元に就職したくないし、辞めるエネルギーを考えると応募したくない。渡りに船でコロナだから…って逃げ道を作っている。

ま、もしもこんなことを人に相談されたら、きっと私は「それで、生活できるんならいいじゃない。すごしゆっくりしたら良いよ。心身ともに元気になったら、またやる気になるよ、きっと」なんて言いそう。自分にも言ってあげるか。

いや、心身ともに元気だよな、私。不調は、神経痛でいろんなところが痛いくらい。これは引きこもり生活が悪いんじゃないかと思っている。体も心も動かさないとね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日記

前の記事

感染者を犯罪者扱い