わざわざ感染者の多い場所に…

リゾバやりたいな、ここ面白そうだな…と決めたのは一月末。既に新型コロナの話題は出ていたけれど、その頃はインフルが大変で、新型コロナなんて他人事、対岸の火事で、派遣先の地域に中国からの観光客が多いかどうかなんて全然気にしてなかった。

もともと住んでいる場所は感染者ゼロ。っていうか東北は宮城以外は感染者がいない。大学の教授一家とか、お嫁さん募集で来てくれた女性とかで中国の方はけっこう多い地域なのだけど、みなさん数年に一度しか帰国しないし、親戚が来たという話も滅多に聞かないので、中国で何かが流行しても直接影響は無いのだろう。

そんな新型コロナウイルスの感染の恐れがない地域から、わざわざ、感染者の多い地域に移動している私って、何なんだろう。

下の子の住んでいるアパートから頻繁に利用した電車は感染者の多い神奈川県との直通運転もある。電車内ではマスクせずに咳をした人に対しての目はすごく厳しかった。私は地元でマスクを調達していたから、そんな目を向けられることはなかったけれど…。

池袋とかウロウロしちゃったな。単発バイトも東京とが勤務先だったところもあるし、青梅マラソンも東京都。スタートからゴールまで、ずっと密集していた。

そして今、愛知県。就業先のホテルの利用者は中国人が多かったらしく、仕事がなくなってションボリだけど、1月は普通に中国からの観光客が多かったようなので、当然ながら感染者が出ている。

みんなマスクなんて全然してないけど、大丈夫なのかな。この景色が良くて温泉が気持ちのよい地域でゆっくり過ごしていたら、感染しても気が付かないうちに治ってそうだけどね。

さて来週、感染者の多い地域から電車に乗って、感染者ゼロの田舎に帰るって、ドキドキだな。万が一、不顕性の感染者だったらどうしよう。二週間はランチとかできないな。1月で辞めた職場の人たちには絶対に染せない。リスクの高い人たちの施設だから…。

東日本大震災の時は東北在住とはいえ、ほとんど被害がなくて、不安も不便もなかった。それは幸運な事で、被災地の方々は大変なのに、なんとなく仲間外れにされたような寂しいような気持ちになった。

だからって、わざわざ火に飛び込まなくても良いだろうに。さすがに父親の法事がらみで北海道に行く予定は、延期を提案した。なんで、行く予定の場所がことごとく感染者の多い場所なんだ?

私はきっとかからない、かかっても重傷にはならないという変な自信がある。でも姑とか母親とか、けっこうリスキーだ。姑はがんサバイバーだし、母親はステロイドやら、オピオイド鎮痛薬とか服薬している。

自分や夫や子供たちが丈夫だからって、無防備ではダメだな。こういう心遣いが前よりは出来るようになったのは前職のおかげかな。感染しないように気を引き締めなくちゃね。

日記

Posted by admin