期限があれば耐えられる

昨日の夜勤も辛かった。

身体が大きくて、いろいろ体が悪いはずなのに、病気のせいか疲れを知らずに動き回り、目に入るものなんでも弄ってしまう方が施設にいる。

少し前まで私が夜勤だと寝なくて、精神的にも肉体的にも本当に辛かった。それが最近は逆に寝すぎて金縛りのような状態なのか身体が動かなくなって、布パンツだったのが夜10回用の尿取りパットと紙パンツで一晩中ベットから起きなくなって、

冬になって状態が良くなったのか悪くなったのか、また寝ないで徘徊するようになって、先日は転倒してオデコに大きな血種が…。

その日は私が苦手な職員さんが夜勤で、私が「夜寝なくてこんなに大変だった、ふらつきもあって(今の職場の中では)体格が良くて力持ちの私でも一緒に転びそうになった、ちょっと目を離したすきにどこかにぶつけてアザになってしまった…」と会議などで相談したり、日誌に記入したりしていたのを見聞きはしたが、私の介助の悪さのせいだと決めつけていたらしい。

転んじゃった方も、かわいそうだけど本当に大変な人で、夜中は寝れなくてもベットに入ってろ!って感じだし、転ばせちゃった職員さんは「自分の時にこんなことがあるなんて…」とすごくショックを受けていたらしくて、正直”いいきみ”って思ってしまった。

いやいや、顔を見るたびに痛そうでかわいそう、私と苦手な職員さんとの関係性のせいで、せっかくの問題提起が事故防止に繋がらなくて申し訳なかったとは思うし、

夜勤だった職員さんには、一晩中この人だけを見ているわけにはいかないから、仕方がない、誰が夜勤でもたぶん防げなかった、大変でしたねお疲れ様って思う気持ちもある。

一人夜勤で何も問題のないほうが奇跡のようなもので、たまたま運が良かっただけ。絶対に事故を起こしてはいけないというのであれば、少人数の施設でも、職員は2人以上必要だと思う。どこかで、少しくらいトラブルがあっても仕方がないと割り切って運営してるんだと思う。

で、冒頭に戻るけれど、昨日の夜勤もまた、アザだらけ(オデコのコブの血が落ちてきてくぼんでいる場所が全部内出血のようになってる)の顔でなかなか寝ないで、びっくりな事をシデカシテくれる。まぁ、どんどん、仕事を作る作る。

しないといけないことも沢山あったので、しばらく自分の体で壁をつくって近くにいてもらう。これも一種の虐待なんだろうな。幸い、人が作業しているをじーっと見ているのが好きな人なので、朝ごはんの下準備とか、不要な布を裁断して清拭用の布にしたりとか、パソコンで日誌や会議の記事禄などを打ち込んだりとか、そういった作業中は静かに隣に居てくれたのだけど、

掃除をしようとすると手伝おうと思うのか、触られたくないもの触ったり、弄られたくないもの弄ったり…。始まった、始まった”(-“”-)”

でもでもでもでも、そんなの関係ねぇ!私はあと多くても10回しか夜勤しないもんね。たぶん、来月は3回だと思うから、昨日を入れても後8回。そうやってカウントダウンすれば、精神的にものすごく楽。

夜中の1時過ぎには寝てくれたので、そこから他の方々のお世話をしたり、掃除をしたりも出来た。

うちの子は2人とも、たぶん多動で夜泣きも激しかったし、上の子は一人でどんどん危険な場所にいったり、好奇心が強いのかなんでも分解?壊しちゃうし、下の子はずっと一緒に遊ぶか負んぶか抱っこしてない泣き叫ぶ子だったから、育児もけっこう大変だった(保育士さんからもいろいろ言われた)。

でも子どもは成長して、少しずつ楽になるし、なんだかんだ可愛いから、我慢できる。

お年寄りだって、けっこう可愛い。昨日の困ったさんは下の子によく似ていて、私の近くにいてかまってもらったり、褒めてもらったりしたいだけで、問題行動をしようとしている訳ではないことも分かる。

前は、イライラ!虐待する人の気持ち分かる!と、すごく辛かったけど、今だけの我慢と思えば、優しい気持ちになれる。

家族の介護も、機嫌を区切って開放されるような状況なら、耐えられる気がするな。

仕事

Posted by admin