私が変わらないと上手くいかないけど、変わらないのが私。

資格試験も終わり、登山も終わり、大きな予定は演奏会での合唱を残すのみ。

その次の一大イベントは退職の予定。いつ辞めようかな…と思って働きに行くとみんな良い人で心が揺らぐのだけど、定期的に苦手な人が攻撃してくるので、そのたびにやっぱりやめようって気持ちが固まる。私の決心のために存在してくれているかのように…。

先日はついつい管理職に「私が悪かったことはわかっています。注意してくれるのはありがたいと思っています。でも、あの叱り方はパワハラじゃないですか!?」って抗議してしまいました。管理職は「そうね、そういうとこあるね」って、あんまり重く受け止めてない様子。「私がヘラヘラしてるから火に油なんでしょうか」と聞くと「それもあると思う。叱られてるときは神妙な顔して下向いて”はい。はい”って言ってればいいのよ」と実際にその動作をとって教えてくれた。

そっか、相手の目を見てヘラヘラ力ない笑顔で「すいません」なんて、最低の叱られ方だったのか。確かに。逆の立場だったら私もイラっとしそうだな。この歳になって、こんなこと教わらないとわからないなんて、なんだかなぁ…。でも、いっか。ひとつ勉強させてもらった。今からでも遅くない。そう思えば嫌いな彼女にも感謝。

でも、こうやって他人が当たり前にできることが教えてもらわないとわからないのが私。こういう私を否定する人とは、何をやってもうまく行かないと思う。知らない事教えてもらったり、ダメなところ注意してもらったら、素直に感謝する良い性格なのにな(自分で言うか!ですね(;^ω^))

あれ、合唱の事を書こうと思ってたのに、脱線が長くなってしまった。今回はここまで。合唱の事は次書きます☺

 

仕事

Posted by admin